ローソファーのメリットとデメリットについて

ローソファーのメリット

ローソファーは名前の通り、座面が低いことが特徴的です。座面が低いメリットとして、小さい子供やペットが安全に座れることが挙げられます。床との距離が近いため、転落する恐れがありません。仮に転んでも、怪我をするリスクが通常のソファーよりも格段に減ります。また、インテリアアイテムとしても活用できます。ローソファーには高さがないため、圧迫感を生みません。空間を区切らないので、開放的な印象を与えることができるのです。

ローソファーは座り心地も快適です。床に近いので足を存分に伸ばすことができ、リラックスできます。

ローソファーのデメリット

メリットが多い分、デメリットも存在します。まず、他の家具との高さを合わせるのが難しいことです。例えばテーブルは、高すぎても低すぎてもいけません。ローソファーに合わせた高さでないと使いづらくなるのです。また、それぞれの家具の高さがちぐはぐだと、全体的にバランスが悪く見えてしまいます。ローソファーのデメリットには、掃除がしづらいことも挙げられます。床と座面との間に隙間がないローソファーもあり、掃除をする時は必ず動かさなければなりません。仮に隙間があったとしても掃除機や箒が入らないケースが多々あり、いずれにしても掃除には手間がかかります。

さらに、腰痛や膝痛がある人は要注意です。立ち上がりや座る際、負担がかかりやすいためです。腰痛や膝痛を持つ人に合わせたローソファーも販売しているため、よく検討してから購入しましょう。

ローソファーは、リビングのスペースが限られている場合でもスマートに配置でき、様々な家具との相性が良いのが大きな魅力です。