結婚式全体のイメージも左右する!料理の選び方

まずは料理の種類を考える

ゲストが結婚式に期待しているもの、それは料理です。満足してもらうためには、招く側としてしっかり考えた上で料理を選ぶ必要があります。まずは種類を選びましょう。近年は結婚式の料理も多様化していますが、やはりフランス料理が一番人気。普段食べる機会が少なく、華やかなイメージがあることから結婚式にはぴったりです。年配のゲストが多い場合は、お箸で食べられる和洋折衷のコースが喜ばれます。またイタリアンは普段食べ慣れているものの、それがカジュアルなパーティ向きだという意見も。ゲストの顔ぶれや式のイメージなどを考えながら料理のジャンルを選ぶといいでしょう。

気になる予算は早めにチェック

結婚式の料理を考える上で避けて通れないのが予算です。結婚式にかかる費用のうち、料理はかなりの割合を占めることになります。ちなみに結婚式の料理の平均費用は一人当たり一万五千円。内容に凝ればそれだけ費用は高くなっていくので、あらかじめ予算を決めておくのがおすすめです。費用の節約を検討することは重要ですが、節約しすぎは御法度です。料理は式全体のイメージを大きく左右するため、あまりに料理が寂しいと式のイメージも貧相なものになってしまうからです。

ゲストの顔ぶれを頭に入れて

来てくれる人の顔ぶれを考えて料理に変更を加えることも大切です。アレルギーや苦手な食材がある場合は別のものに代える、年配のゲストや小さな子供がいる場合は食べやすい別メニューを提供するなど、ゲストに満足してもらうためにできることはたくさんあります。式場に対応してもらえるかどうか確認しておきましょう。

京都の結婚式場は観光地で挙式を上げることが可能です。有名な神社を使うことで観光客にも祝福され盛り上がります。