オーダー家具を作ろうと思ったら?ぴったりサイズにするには?

オーダーするならとことん希望は伝えよう

オーダー家具の良さは素材やデザイン、色や形などをオリジナルで作り上げられることです。実際に全てをゼロから考えて作るというのは中々大変だったりするので、ある程度形が決まっている中からセミオーダーする場合もあります。とはいえ家具は日常生活の中で毎日使うものとなりますから、デザインを始めとした見た目優先だといざ使おうとしたら使いにくくて大変だったということもよくある話です。後悔しないためには希望があるならとことん伝えることは大切ですが、その希望が実現したときに日常生活を阻害することはないのか、快適に使えるのかどうかは考える必要があります。家具作りそのものはお店に任せることになるので、二人三脚で相談しながら作り上げることでよりよい形に仕上げていけるのです。

綿密な打ち合わせをして失敗を防ぐ!

既製品ではなくオーダーする家具となると、高価ですし納品までに時間も必要となります。作った後に失敗したと思って直したりするのも二度手間ですから、お店側との綿密な打ち合わせは非常に重要です。作りたいと思っている側はどちらかというと外観などの見た目のイメージだけが先行しがちなこともありますので、他の家具との兼ね合いも考えてどのように使いたいのか、寸法なども分からないことがあれば測定の仕方を何度も確認した上で作業に必要な情報を提供しましょう。仕上がりなどもよりイメージに近いものになるよう、サンプルがあれば取り寄せておくのもおすすめです。希望が積み重なるとその分値段も高くなるので、バランスが取れるように金銭面でもきちんと話し合いをすることで希望通りに家具が仕上がります。

オーダー家具は、自分の部屋にピッタリなサイズやマッチした素材で作られるので、非常に使い勝手がいいです。